ダイエット

ダイエットを成功させるにはSMARTさが大事ってどういうこと!?

「やせたい」とか「きれいになりたい」なんて言うのは女の子なら誰もが憧れること。

でもこれを実現させるのは意外と難しかったりします。特にダイエットはその方法もいろいろあり、長続きしないのも事実だったりしますよね。

今回はダイエットを成功させるためのコツとして気持ちの持ち方を考えてみました。

ダイエットは目標設定が重要ですよ

ダイエットを成功させるにはその方法も大事ですが、何よりもダイエットを成功させたいというモチベーションを保つことが必要です。

漠然とダイエットをしなきゃくらいの気持ちでは三日坊主になることは間違いありません。

そんなことにならないためには、きちんとした目標設定を具体的にしてあげる必要があります。

間違った目標設定をしても辛くなるだけで、きちんと具体的な目標設定をしてあげることでその実現度はグンと高まってきます。

そこで具体的な目標設定でダイエットを成功させるためにSMARTの法則というものを用いてみましょう。

SMARTの法則ってなんだ⁉︎

SMARTの法則とはもともとはビジネスコンサルタントなどに用いられている目標設定ですが、これダイエットなどを成功させるための目標設定としても使えます。

  • Specific(具体的)
  • Measurable(計測可能)
  • Achievable(達成可能)
  • Result-oriented(結果志向)
  • Time-bound(期限)

のそれぞれの頭文字をとってSMARTの法則と言います。

それでは具体的ににいってみましょ。

Specific(具体的)

ダイエットを始めようと思ったきっかけはなんでしたか?

例えば、漠然と

「痩せなきゃ…」

「痩せてやる…」

これでは目標が抽象的すぎて、絶対に失敗します。

失敗するどころかダイエットを開始することすらしない可能性もあるでしょう。

これを回避するには、もっと具体的に目標を決めてあげる必要があります。

痩せたい理由として、健康維持のためとか、彼氏に太ったと言われたとか、全体的に体重が増えたからとか、腕周りに肉がついてきたとかウェストがポッコリしてきたなど色んな理由があるはずです。

その理由を具体的にあげ、目標を設定します。

例えば全体的に痩せたいのであれば

  • 「目標体重まで3kg減量する」
  • 「朝食を置き換えにする」
  • 「有酸素運動を行う」
  • 「腹筋運動をする」

などといったぐあいですね。

Measurable(計測可能)

次に目標を計測できるように数値化、物的化してあげましょう。

今立てた目標に対するゴールに向かうため計測できる数値、具体的なものに置き換えてあげましょう。

  • 「目標体重まで3kg減量する→ビキニを着たいから、3kgの減量をする」
  • 「朝食を置き換えにする→朝食にスムージーで置き換えをして摂取カロリーを今より〇〇kcal減らす
  • 「有酸素運動を行う→30分間のジョギングを行う」
  • 「腹筋運動をする→腹筋運動を毎日30回を3セットする」

どうですか?目標に向かって行うべきことを数値化、物的化することでわかりやすくなりましたね。

Achievable(達成可能)

次は数値化した目標を達成可能なものかどうかを精査してみましょう。

目標自体は達成可能なものでなくてはいけません。

  • 「一週間で15kgやせる!!」
  • 「毎日ジョギングを40km行う!」

ハイ、不可能ですね!!

これでは目標ではなくただの願望になってしまいます。

 

かといって簡単すぎてもいけません。

  • 「腹筋を毎日3回行う!」

確かに達成可能ですが、これでは達成目標としては簡単すぎるし、モチベーションも上がりませんね。

それに効果も薄いでしょうから、結果は伴わずに挫折してしまいます。

そのため、自分が達成可能でありながら、達成後には満足感を得られるような目標設定を行いましょう。

Result-oriented(結果志向)

結果志向とは結果を出すことが全てであるという考え方です。

つまり、今回の場合は

「ダイエットを成功する」

これが、結果なわけですね。

  • 「ビキニを着たいから、3kgの減量をする」
  • 「朝食にスムージーで置き換えをして摂取カロリーを今より〇〇kcal減らす」
  • 「30分間のジョギングを行う」
  • 「腹筋運動を毎日30回を3セットする」

これらは目的を達成するための手段であるということです。

けしてスムージーを毎日飲むことが目的なわけではありませんね。

スムージーを飲むということでは、ダイエットを実現するという結果を達成する手段であるということですね。

これを履き違えてしまうとスムージーを飲むことが目的になってしまてダイエットを忘れてしまいがちになります。

そうなるとなんのためにスムージーを飲むのか、なんのために腹筋をしているのかが曖昧になりそのうち辞めてしまうことは明白ですね。

今行なっていることは全て

「ダイエットを成功する」

ための手段である!

ということをしっかりと認識する必要があるということです。

Time-bound(期限)

最後に期限をちゃんと持つことが大事です。

「夏までに」とか「数週間で」とかいった曖昧な期限ではなく、

  • 8月にビキニを着たいから、3kgの減量をする」
  • 一ヶ月間は朝食にスムージーで置き換えをして摂取カロリーを今より〇〇kcal減らす」
  • 一週間は毎日30分間のジョギングを行う」
  • ◯月◯日まで腹筋運動を毎日30回を3セットする」

といったように、期限を具体化してあげることです。

具体的な数値、目標、期限を明確にすることで曖昧な目標設定ではなく、しっかりとした設定ができモチベーションも保つことができます。

ダイエットを成功させるために!!

このように目標設定を詳細にすることで、ダイエットを行うことが頭も中で具体化できましたね。

これを紙に書いて目に付くところに目標として掲げておくのもよいでしょう。

あとはこれを実行に移し、日々の結果や体重を記録していくとさらにわかりやすく、モチベーションを高めながらダイエットを実現できると思います。

簡単なことではないかもしれませんが、きちんとした目標に沿った方が漠然とした目標よりも達成しやすくなりますよ!

まあ、これが難しいのですが・・・(自問自答💦)

なんとなく「太ったからこれ飲めばいいや」とかいった形だけだと「飲んでも痩せないじゃん!」となることは明白です。

太った→サプリを飲んだ→痩せない→あのサプリは嘘じゃん

となってしまいます。

何でもかんでも批判してしまう人は、それを”精査するための時間が短すぎ”たり、”ただ何となくそれを取り入れているだけで他のことは何もしない”なんてことが多いようです。

そうなると堂々めぐりで「これがダメだからアッチ」といったようにダイエットの無限ループに陥ってしまいますからね。

まさにダイエットジプシーってやつです・・・

これまでダイエットをしても長続きしないとか、結果が出ないといった方はSMARTの法則を試してみても良いかもしれませんよ。

ちなみにこの考え方、色々な面で役に立ちますから覚えておくと便利ですよ!!

実はここからPDCAというものに繋げていくわけですが、そこはまた別の機会で。

ダイエットをさえ移行させるための手段の一つとして、HMBサプリ(例:ベルタHMBなど)やダイエットスムージー(例:クロジルなど)なんかを取り入れていくのは、モチベーションアップにもつながりやすいからおススメですよ!!

ただ、それを飲むことが目的になってしまわないようにご注意を!!